会員ログイン

ようこそ ゲスト 様

条件を絞って探す

POINT
クラフトウイスキーへの挑戦
2016年、常陸野ネストビールの額田工場の一角に容量10,000リットル弱の小さなハイブリットスチルを設置。木内酒造のクラフトウイスキーの蒸留が始まりました。
シェリー樽やワイン樽、新樽の他、自社オリジナルの桜樽を使った熟成や、地元産の大麦を用いたウイスキー造りにも挑戦し、2019年には茨城県石岡市に、新蒸留所が新設されます。

常陸野から世界へ、クラフトウイスキーと言えば「HITACHINO」と言われるような商品を造りたい。
清酒造りから始まった木内酒造の酒造りへの想いは変わらず、今も受け継がれています。

RECOMMEND